イタリアの薫り ガレリアのカップ

まだ寒い毎日ですが、小さな蝶が舞い込んできて・・・・
イタリアの薫りのするとてもかわいいカップです。


画像



イタリアは 今のように各国が中国の労働力を頼るようになるまで
長い間 ヨーロッパの工場と呼ばれていました。

陶芸、銀製品、家具、ガラスなどの各分野において優れた職人の技術とセンスで
たくさんのアトリエが在りました。

特にフィレンツェ近郊には そういった小さなアトリエが点在し
それぞれが個性的で アーティスティックな作品を生み出していました。


画像



毎年2回 ミラノで開かれる見本市は盛大で、
なんと銀製品だけでも数百社、体育館のような会場全部照明関係のブースという すごい規模で
全部見るには3、4日かかるほど…


ガレリアもそういうところで 出逢ったアトリエの一つで
代表作は フルーツや薔薇のトレイ、持ち手が蝶になっているデミタス、
そしてハンドペイントの花がかわいい カップ&ソーサー、マットゴールドのラインが効いています。


画像



画像



1客ずつのコレクションもいいですよね。


画像




この記事へのコメント