スイスの陶芸家 ゲルツァー

ベルン郊外にアトリエを構えていたゲルツァー氏のことは
前にもお話しましたよね…。
ご夫妻とも 三人の息子さんたちも陶芸家で それぞれ味わい深い作品を作られています。


画像



画像



Gelzerご夫妻は年令的なこともあり 数年前から製作活動はストップ。
やがてデッドストックが減り ヴィンテージと呼ばれていくのでしょうね。


画像



画像



FUTABAには 彼らが元気なうちに 依頼して
製作していただいたストックが かなり在りましたが
それでも 「あまから手帳」に紹介されたりして キャセロールや コンポートなど
大きなアイテムから sold outになり 6色あるカップ&ソーサーも
色切れしていくものも増えてきました。(ブラウンは完売)


画像



土をこね、ロクロをまわすところからの手作業は 機械を使った大量生産とは違い
いくつもの工程を要する重労働。
機械製作のものより ひとつひとつどこか形もサイズも異なる人間味のある
こういう作品こそ 味わい深い個性があると思います。


画像







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント