☆イタリアからやってきたチェス

現在FUTABAのウィンドーにディスプレイされているこのチェスセットは
イタリアのANRI社の 今はもう製作されてない木彫りのものです。

画像



イタリア北部、ドロミテ渓谷のふもとの村は 長い冬の間の副業として
木彫りや家具作りがさかんだった地域です。


画像



画像



何年か前の夏 オルティジという町に滞在した時 、
そのホテルのダイニングルームやエントランスは 木をふんだんに使った
彫刻のオブジェのインテリアが見事でした。


山腹の村のあちこちでも 道標のマリア様や 道祖神も凝った木彫りの村人の作品でした。
何年も材料となる木を乾燥させて 手間隙のかかるこういう作品は
もう作る工房も職人もいなくなり このチェスは貴重な最後の1セットになりました。


画像



画像



木のなんともいえない温もりと やわらかい色合いは インテリアとしても存在感がありますね。





この記事へのコメント