☆グスタフスベルグ クローバーのティーカップ&ソーサー

何年か前に ストックホルムにて始めて出会って
その 繊細な手描きの柄に ひとめぼれしたものの
何の 資料も見つからず ご紹介していなかった 大好きなティーカップ。


画像




かなり古い時代の製陶で 生地もやわらかく とても薄いもの
その絵付けは デリケートなため息モノの筆使いの逸品。

そして 見つけましたか?
思わぬところに 4つ葉のクローバーが 隠れています!


画像




カップの裏には 刻印なし
ソーサーの裏に 消え入りそうな 細いハンドペイントのサインで
グスタフスベルグ窯であることと GUNNARの文字が、、、


画像


これを購入した ストックホルムのアンティーク店は 壁一面に備えた大きな棚に
これでもか!というくらい ありとあらゆるアイテムが 無造作に 積み上げられ
客が 脚立にのって ひとつひとつ とりださないと始まらない、、、
カップがあってソーサーが違うサイズとか ポットのふたが 行方不明とかは普通こと
とにかく 時間をかけて いろいろ じっくり選びぬき 
その時滞在中だった コペンハーゲンの アパートメントへ送ってほしいと依頼。

後日 届けてくれたのは コペンハーゲンで開催中の アンティークメッセに
出店するために やってきた店主の友人という 照明器具を販売する人。

ランプもいいのを 持ってきてるよ、、と 営業アピールもしながら
会場へ行く時の 裏技とか いろいろ教えてもらって、、、

モノだけでなく 人のつながりも いろいろあった 思い出のカップです。


画像



ところで このデザインの名前と 思い込んでいた GUNNARは
どうやら デザイナー名 GUNNAR NYLUND(1904-1989)のことらしい、、、
B&Gや ロールストランド Nymolleでもアートディレクターとして 活躍したようで
そういえば 2010/12/01に ブログで紹介した ロールストランドのイヤープレート
ニルスの冒険のシリーズも 彼のデザインでした。





この記事へのコメント