ロイヤル コペンハーゲン 和モダンな花器

テッセンのような 渋いブルーの
美しい曲線で構成された
15センチほどの小さな花器
持ち手が付いた 珍しいデザイン。


画像


表と裏では 向きや表情の違う白い花が 描かれていて
ひかえめで趣のある デザイナーのセンスが偲ばれます。

画像


いろいろ調べてはみましたが
作者不詳、製作年不明、、、

TENERA や BACAのグループによるものではなく
当時 ロイヤルコペンハーゲンの 動物のFigurineを担当していた
数人のデザイナーのうちの一人ではないかと 推測されます。







この記事へのコメント