ロイヤルコペンハーゲン 花器

ベージュとブラウンで構成された
ニルス トーソンの世界、
落ち着いた色と モダンな柄が
50年の時を経て 存在感を示しています。
画像



立方体という 形も 1960年代には斬新で
いける花のグリーンを意識した
美しい ベージュが 最高です。

画像


画像


ブーケをちょっと傾けて置いたり
状差しにしたり
ペン立てにしたり
使い方は お好きにどうぞ、、










この記事へのコメント