究極のコーヒーカップ

イタリアの名陶 、リチャード ジノリの
最高傑作といわれる カポティモンテの白磁、
フィレンツェ郊外にある ドッチア窯作品。
画像

特筆すべきは プレートにも
カップにもほどこされた
立体的なレリーフ!

画像

そして 木の枝を模したような
ひねりを加えて作られた持ち手。
これは 上質で硬質な磁器と
高度な製陶技術が 融合したから、、

画像

眺める角度により違う景色があり
白磁ならではの 印影がまた
気品をプラスしています。

画像




この記事へのコメント