ロイヤルコペンハーゲン 渋い蓋もの

のちにロイヤルコペンハーゲンのヘッドデザイナーになる ニルストーソンのデザイン、 裏のマークから 1960年代の作品と推測できます。 渋いブラウンの濃淡に ミントグリーンが散らされた 落ち着いたモチーフは 彼のお気に入りだったのか ロイヤルコペンハーゲン社と合併した後も タイルや花器など 色んなアイテムにも登場しています。 和のテイストも感じ…

続きを読む