バティック ワイン造り

ドイツの女性染色家、Susanne Dolkerの力作。 アースカラーに染め上げられた ワイン造りのシーン。 ストットガルト郊外の 元小学校を改築して 住まいとアトリエを構える彼女は 猫や犬やオオムたちと暮らし、 庭でガーデニングをしながら 製作に励むという 大らかなスローライフを エンジョイしていました。 どこかに 動物たちが登場して 温かい…

続きを読む

☆お嫁入りしたバティック

ドイツの染色家 Jutta Lamprechtの 林檎狩のようすを 温かい色合いでまとめた 150センチを超える ろうけつ染めの大作です。 なぜか 癒やされる、、と 何度も 下見に来られた 旦那さまと 最終的には ご夫妻で 意見が一致して 先日 この作品がお嫁入りしました。 Juttaの穏やかな人柄が そのまま 大らかで 楽しい バティックになり 見る人の心…

続きを読む

ウインブラッド165 ローゼンタールグラス

小さな ウインブラッドのサインが見えますか? 1970年代~ ドイツのローゼンタール社では  ウインブラッドをデザイナーとして招き 磁器だけでなく ガラスのアイテムを製作していました。 これは ワイングラスでもあり 上下を逆にして キャンドルスタンドにも使えそうなデザイン。 当時 ロイヤルコペンハーゲン社の陶器にも  こういう2WAYのアイテムがありました。 …

続きを読む

天使のキャンドルスタンド

ほのぼのとした 味のある表情の天使は ドイツで出会った 素朴な焼き物の キャンドルスタンド、 手びねりならではの あったかい 土のぬくもりが その表情とともに 癒される存在に、 キャンドルの灯りが さらに 優しさをプラスして、、、

続きを読む

☆四季グラス

ずいぶん前に スイスのベルンにて 手に入れた ドイツのとある工房作の 手吹きガラス ぽってりした 温かい作風がお気に入り。 泡まで 風景の一部に取り込んで 四季のストーリーを メルヘンチックに表現 優しい風が吹いているような 見る角度によって差し込む光によって また違う表情があり、、 花を一輪 挿しても 絵になるアイテム、 今回の ウ…

続きを読む

ドイツの壁掛け

この作品に出会ったのは たしか、、、 ドイツ南部 リンドウの旧市街 。 対岸はスイスという ボーデン湖に面した 穏やかな 文字通り 時が止まったようなかわいい村でした。 大きなサーベルを持った騎士と 馬の表情がいいし 馬の脚の間に垣間見える 旧市街の人々の暮らしがおもしろい、、、 当時は 街ごとに 陶器の工房や  ハンドメイドのガラスの…

続きを読む

☆ウィンブラッド 149 サーカスby ローゼンタール

白磁に黒一色で 描かれた ウィンブラッドの世界、 ドイツ、ローゼンタール窯の逸品です。 約10(径)x 11(高さ) センチの 丸みを帯びた優しい形 何か 大切なものを 入れましょうか、、 白と黒の シンプルなデザインでありながら とても モダンなたたずまい 一目惚れでした。 今回 初入荷 初ディスプレイです! …

続きを読む

大人のクリスマス 31 ローゼンタールの小物

マットゴールドの濃淡で描かれた ウィンブラッド デザインによる 小さな磁器のプレート。 よく見ると 花や鳥に羽が 立体的にゴールドが盛られていたり 手袋の裾のレースも それぞれ違っていたり とても細かく 凝った仕上がりになっています。 ローゼンタールの 全盛期に いい職人による とてもいい仕事の 1例といえますね。 今は亡き ウィンブラッドが…

続きを読む

大人のクリスマス 16 ローゼンタールのイヤープレート

毎年 この季節になると 登場するもののひとつが  今は無き ローゼンタール窯の イヤープレート。 デザイナーは もちろん ウィンブラッド Nymolle窯の素朴な作品とは 趣を変え 金彩を ほどこした 華やかなシリーズになっています。 限定12年のわたり 毎年違ったデザインが 発表されましたが 私の好きな ベスト3は この3枚 …

続きを読む

ローゼンタール+ウィンブラッド

白磁のあかしである 透明感のある白い生地に ラインで描いた 少女が 印象に残る作品。 彼の好きな 小鳥が そこだけ 彩色されて あちこちに飛び やわらかいマットゴールドの樹の葉とともに この花器のポイントに なっていますね。 添える花の美しさの 邪魔をせず オブジェとしての 存在感も 兼ね備えた 品の良い作品です。 …

続きを読む

☆ウィンブラッド こんなの見つけました 119

このところ ウィンブラッドの 額+絵に人気が集中、  先日 このブログでもご紹介した 小さめのタイプの額も 次々と お嫁に行きました。 これは 同じく ウインブラッドデザインの 小さな丸皿。 ドイツのローゼンタール社製の アラビアンナイトのシリーズ。 華やかな瑠璃色と あざやかな配色が ファンには 見逃せない作品。 コーヒーカップは ご遠方からも ご注文…

続きを読む

☆ウィンブラッド こんなの見つけました 113

白磁に映える マットゴールドで描かれた 細やかな ウィンブラッドの世界。 ちょっと小ぶりのデミタスサイズ。 濃いめのエスプレッソを入れて ちょっとひと休みしましょうか、、、 先週は いろんなオファーが重なって 超多忙な日々でした。 それでも われわれを必要としてくださる ファンがいらして <あれ><それ>を瞬時に理解し、フォローしてくれる スタ…

続きを読む

☆ウインブラッド こんなの見つけました! 110

あざやかな金彩が特徴の ローゼンタールの製品としては 珍しい 落ち着いた趣の花器。 また異なる ウインブラッドの世界を表現した作品です。 磁器特有の 透明感のある白い肌に モノトーンの グラデーションで描かれた女性は 上品な印象に、、、 どんな色の花をも ひきたてるシックな たたずまいは コペンハーゲンの 町並みにもしっくり溶け込んでいました。 …

続きを読む

ウィンブラッド こんなの見つけました!87

クリスマスが近づくと ディスプレイにはかかせない ドイツ、ローゼンタール窯の華やかなイヤープレートが再入荷。 1971年から12年間にわたって 毎年一枚ずつ発表されたシリーズです。 こういうシステムで販売されたヴィンテージものはたいていそうですが、 初年のものに一番高値がついています。 FUTABAと同じく、三宮センター街にある…

続きを読む

☆ウインブラッドのこんなの見つけました! 84

ローゼンタール社製のコーヒーカップは言うまでもなく ウインブラッドのデザイン。 お得意のアラビアンナイトのモチーフで 瑠璃色のベースに金彩をあしらった 華やかなデザインです。 ローゼンタールならではの作品ですね。 生涯を通じ、舞台、陶器、ポスター、タペストリーなど多岐にわたる仕事をし たくさんの作品を残した ウインブラッドです…

続きを読む

☆ウィンブラッドこんなの見つけました! 83

ウインブラッドのデザインで ドイツのローゼンタール窯が制作すると こんなモダンな花器になります。 金彩たっぷりの華やかなイヤープレートは 良く知られていますが きれいな藍色だけの このシリーズも シンプルで新鮮な印象に… デンマークのNymolle窯の作品とは また違う魅力があり それぞれのコレクターも 次は何にしようか……

続きを読む

☆白いプードル by ローゼンタール

暑く長い夏でしたが それでも ほんの少しずつ季節は動いていて さるすべりは深紅の花を咲かせ 今日は 赤とんぼも 飛んでいました。 とぼけた表情の白いプードルは ドイツのローゼンタール社製のヴィンテージ。 18センチほどの白磁製です。 クルクルの巻き毛も 少したれた目元も とってもキュート! おそらく すぐにプードルハンターのところへ…

続きを読む

ドイツからやってきたピエロ

1985年製作の ドイツ、ミュンヘンのJanine工房の作品です。 なんともいえない表情をしています。 全長40センチほどの小品ですが 磁器で精巧に作られた指先の表情にご注目! その指先から今にも魔法がかけられてしまいそう。 このピエロ、リミットナンバー入りの保証書付きで 今では貴重な由緒正しきもの。 コレクターの方におすすめの作…

続きを読む

ノアの方舟

以前にも 作品をご紹介した ドイツの染色家 スザンヌ ドルカーの作品。 ノアが選ばれし 動物たちと船で航海中… 雨は止み 空には虹がかかり 海の底には かつて栄えた町が沈み… 世の中はどんどん進んでも 人間のおごりはあまり変わらず、 不確かな現在にも通じる 教えかもしれませんね。 神が選んだのは「善」だけで…

続きを読む

ウィンブラッドのこんなの見つけました! 64 ローゼンタールのイヤープレート

ウィンブラットのデザインで ドイツのローゼンタールにて製作された 28.5センチのイヤープレートです。 1971年から 12年間にわたり 毎年一枚ずつ発表された限定品。 デンマークのNymolle窯のものとは趣が異なり 瑠璃色の地に 多色使いの鮮やかなもの マットゴールドのラインがさらに華やかさをプラスしています。 図柄は旧約聖書をもとにした…

続きを読む

物語のようなバティック

絵のように見えますが これはドイツの女性染色家の作品、 BATIK バティック(ロウケツ染め)の原画です。 まるで物語の中の1シーンのよう、塔の上で楽器を演奏していますね。 染色家、Susanne DolkerとJutta Lamprechtに会ったのは フルンクフルトのフェア会場。 「他にも見てほしい作品があるから… 私たちのアトリエへ来ませんか…

続きを読む

ウィンブラッドのこんなの見つけました! 62

ローゼンタール特有の白磁の地に 鮮やかな瑠璃色 一色で 鳥のモチーフを表した おもしろいデザインです。 ウィンブラッドといえば ブルーと言われるほど 白+ブルーの作品が有名で 彼の80才のバースデーには 53人の仲間のアーティストたちの メッセージが レイアウトされた、どの頁をめくっても白とブルーという本も 出版されました。 …

続きを読む

☆ウィンブラッドのこんなの見つけました! 58

薄い白磁に 細やかなレースのようなレリーフ、 典型的なローゼンタールの真っ白な地に マットゴールドで描かれたウィンブラッドの絵。 ウィンブラッドのこんなの見つけました!も、これで20作品目になります。 もちろん以前にマンスリープレートなどなど、 このシリーズ以外にも彼の作品を紹介していますから、 彼の作品の幅広さに深い魅力を感じます。 …

続きを読む

☆ウィンブラッドのこんなの見つけました! 54

このカップはご存じですか? タイトルはこんなの見つけました!なのですが、実はずっと前から我が家にあって 母から譲り受けたローゼンタールのものなのです。 やわらかいブラウンが コーヒーにピッタリで 愛用しています。 残念ながら すでに生産中止、ごくまれにアンティーク市場に出てきますが ソーサーがなかったり なかなか ベストコンディションのものは手に…

続きを読む

☆ウィンブラッドこんなの見つけました!44

ウィンブラッド=ローゼンタールと思っていらっしゃる方も 多いのですが それだけ多くの作品を ローゼンタール社からも 発表していて 世界中にファンがいるということですね。 ローゼンタールは磁器なので たしかに線の描写も細やかに表現されているし 金彩のあでやかさで 印象に残るのかもしれません。 単色で 生地厚のNymolle窯の素朴な味わいのものと、 …

続きを読む

☆ウィンブラッド こんなの見つけました!37

瑠璃色と金彩が加わると 同じウィンブラッドの絵でも NYMMLLE社の作品とは全く印象が変わりますね。 Wiinbladはローゼンタール社とも組んで たくさんの製品を発表していましたから 彼をドイツ人と思ってる方も少なからず… 彼の没後、コペンハーゲンにあったローゼンタールの直営店は閉鎖され この間行った時は セブンイレブンになっていて 時代の流れを感じました。 …

続きを読む

☆白い枝

この不思議な白いえのき茸のようなものは・・・? 実は 数年前にデンマークのルイジアナ美術館のミュージアムショップにて 初めて遭遇。 1つが20x30センチほどの白い枝のようなオブジェで 専用のフックで自由自在につないでいくことができます。 ドイツのメーカーの物で 美術館では 50PCセットで、海に向かった窓一面に下がっていました。 今…

続きを読む

幻想的な光の世界

EISHというドイツの工房で、ガレーやドームの技法を継承した職人が作り出したアーティスティックな作品。 テーブルランプと、ペンダントランプ、 このガラスのランプの撮影が今までのアイテムの中で一番難しい・・・ 未だに満足のいく出来ではなく その美しさをうまく引き出せていない、と思っています。 ガラスはいろんな光を取り込むので写真を撮るの…

続きを読む

☆ウインブラッド こんなの見つけました 5 

ウィンブラッドの優しい色合いのプレートです。 WIINBLAD(1918-2006)は ドイツのローゼンタール(Rosenthal)社でも デザイナーとして活躍し、作品を発表していました。 これは淡いミントグリーンの直径25センチの深めのプレートに バラと小鳥と少女が描かれたロマンチックなデザイン。 ローゼンター…

続きを読む