☆ウィンブラッド ヴィンテージ トランプ入荷!

久々に 大好きなアイテムが入荷してきました。 未使用未開封のままなので それぞれの かわいい絵札を ご披露できないのが とても残念、、 ウィンブラッドがデザインすると ジョーカーも こんなにキュート、 ブリッジ用で 本来は イエローとブルーの 2組で1セットのアイテム。 黄色は 近日中に お嫁に行きそうな気配が、、 早めに ご覧になってください。 …

続きを読む

ウインブラッド 184 花とレディたち

優しい表情の 二人のレディが 花を持って 向かい合う いかにも ウィンブラッドらしい 癒しのプレート、、、、 約26x17センチの縦長、 少し中央部が曲線を描いてカーブして 壁にかけられるように 紐を通す穴が開いているデザイン、 彼の数ある作品のなかで 個人的にベスト5に入る お気に入りのプレートです。

続きを読む

至宝 ロイヤルコペンハーゲン フィギュリン

細かく丁寧なハンドペイントが 見事な フィギュリンは 今は製作されていない レアなアイテム。 デンマークの民族衣装をまとった 幼い兄妹でしょうか、 落ち着いた シックな色で まとめられた 逸品。 女子のスカーフの生地の質感や 刺繍のタッチまで 見事に表現されています。 高さ 20センチほどの 小さなフィギュリンながら その 風格と 存在感はホンモノ! …

続きを読む

ウィンブラッド 183 Tea for Two

"二人でお茶を''と 名付けられた かわいいプレート、 18x18センチで 少し深さがあります。 アイアンのテーブルと椅子 小さなトピアリー、 犬?らしきものも二匹居ますね、、 白とブルーで表現された ウィンブラッドらしい ノスタルジックな世界、 ほのぼのとした 癒される作品です。

続きを読む

スホルム陶器

デンマークの古窯. SOHOLM社の 土の風合いを生かしたアイテム。 平皿が多い 洋食器のなかでは 珍しく深さのある 使いやすい形がいいところ、、 ほうれん草の胡麻和えも グリーンサラダも 美しく映える懐の深い器。 こちらの花器も 和と洋 両方のアレンジが映える ひかえめで 味のある作品。 名の知れたブランドではないけど ヨーロッパには まだまだ …

続きを読む

ロイヤルコペンハーゲン 仕切りプレート

パープルブラウンと ネイビーブルーで さらさらと描かれてた ニワトリと花のモチーフ、、 おおらかな デザインは Berth Jessenの作品。 五つに仕切られた形も 珍しいアイテムで オードブルやスイーツに使うのも良し 飾り皿としても いろんな表情が楽しめます。 裏面の刻印(Aに3本ライン) から 読み取れるように ロイヤルコペンハーゲン社に 吸収合併される前の…

続きを読む

ロイヤルコペンハーゲン 蒼い世界

ロイヤルコペンハーゲン社の ヘッドデザイナーだった ニルス トーソンの作品、 いずれも1970年代のもの。 象形文字のようにも見える 不規則に並ぶ 黒い手描きのラインと 蒼い地との美しいコントラストが 和と洋の 両方の美を醸したシリーズ。 時の流れを越えて 今も フアンが多い 彼の作品は 洗練された たたずまいと美学が その原点のように…

続きを読む

ロイヤルコペンハーゲン 角小皿

卓越した筆さばきで描かかれた 引き算の美学が デンマークにも有りました! 7センチ角の かわいい小皿は ロイヤルコペンハーゲン社の 1960~80年代のヴィンテージ、 花や動物、舟、など 和のテイストも感じられる 心踊るシリーズ、 並べてみたら、、 それぞれ味わい深い 青の世界が 広がります。

続きを読む

ウィンブラッド182 キャンドルスタンド

ハンドペイントのブルーが美しい ウィンブラッドのアートピース、 赤いキャンドルが 似合います。 動きのある 馬の表情とナイトを 彼が愛する ブルーでサラサラと 絵付けされた 1997年の円熟期の作品 彼が亡くなり もう手に入らない 貴重なヴィンテージになりました。 クリスマスには 灯りを灯しましょうか、、、

続きを読む

ウィンブラッド 181 壁掛けプレート

大好きなウィンブラッドの作品なかでも 5本の指に入るほどの お気に入り、 ただこれは 単なる壁掛けではないのです、、 真鍮で作られた 2本の燭台が付いた キャンドルホルダーに加工された物! デンマーク人は クリエイティブで 独創的な発想の持ち主が多く 家具や焼き物も リメイクしたり コラージュしたり、、 自分らしさをプラスして 古いものを長く 大切に 使い続け…

続きを読む

ロイヤルコペンハーゲン 花器

ベージュとブラウンで構成された ニルス トーソンの世界、 落ち着いた色と モダンな柄が 50年の時を経て 存在感を示しています。 立方体という 形も 1960年代には斬新で いける花のグリーンを意識した 美しい ベージュが 最高です。 ブーケをちょっと傾けて置いたり 状差しにしたり ペン立てにしたり 使い方は お好きにどうぞ、、 …

続きを読む

ウィンブラッド 180 カッティングボード

大好きなウィンブラッドの壁掛け 本来はチーズなどの カッティングボードとして デザインされたシリーズ。 オードブルやフルーツを盛る 食器として 使うのもステキですが 何と言っても 壁に掛けて飾りたい! お肉という単語を デンマーク語、英語、ドイツ語、フランス語で 書かれていて それもデザインの一部に、 確か 魚編、チーズ編、デザート編との 4部作だ…

続きを読む

ウィンブラッド 179 リミテッドアイテム

ウィンブラッドは企業からの依頼で 限定品をデザインしたことも多い作家で コレクターの中には それを探すのも 楽しいという コアなファンも、、、、 こちらは 1978年4月に 制作されたペアで 裏面には デンマーク語なので ちょっと自信が無いのですが、、 デンマークのHerning (見本市が開催される事が多い街) に在する Inspirationという企業…

続きを読む

ウィンブラッド 178 レアな蓋もの

ERICSSONという 通信会社の 記念アイテムと思われる 高さ約10センチ、直径7センチほどの 円柱形の蓋ものは、、、 側面には電話にまつわる どこか懐かしい 3つの場面が描かれていて 1960~70年代の最新モデルらしき受話器も! ユーモラスで ウィンブラッドらしい 細やかなラインは コレクターの心を 捕らえて離さない 魅力にあふれていて、、 …

続きを読む

ウインブラッド 177

「ポートレート ギャラリー」 と 名付けられた 180度 グルリとかわいい ウインブラッドの花器。 その名の通り 写真館で お澄ましをした ポートレートが 散りばめられた 究極に キュートなデザイン! 壁紙に見立てた 不ぞろいのハートも かわいさを添えて 物語が 浮かんできそうな ウインブラッドの演出も感じられる作品です。 …

続きを読む

ロイヤルコペンハーゲン 趣きのある逸品

釉薬が溶け出したような 奥行きのある 風景を創りだしたのは 後にロイヤルコペンハーゲン社の ヘッドデザイナーとなるNils Thosson。 ベージュとモスグリーンが織りなす デンマークの雪解けの大地の色と 艶のある 紋様のコントラストが 美しいバランスで、、 角のない 上に向かって 少しずつ広がるフォルムは 添えた 花を素敵に見せるマジックも…

続きを読む

☆ウィンブラッド Winter Scene

ウィンブラッドの数ある作品の中で 最も人気がある 四季シリーズ、 こちらが その冬バージョン。 そり遊びをする ほのぼのとした ファミリーの表情や 毛皮の帽子や マフラーなどなど、、 細やかで 温かみのある 彼独特の描写に たまらなく癒される~と フアンが多い 1965年の作品、 今までにも かなりの数を額装して それぞれお嫁に出て行きましたが …

続きを読む

ときめきクリスマス デンマークのハート

白とブルーの グラデーションでまとめられた 今は無き B&Gの白磁の花器 壁にかけて クリスマスブーケを添えてみましょうか、、、 この形は デンマークでは伝統的なデザインで 細長くカットした 紙や布を編むように組んで クリスマスオーナメントに用いたり、、、 優しい表情の ハートの形と 何ともいえない 美しいブルーの色は 海を越えて 日本のコレクターにも 人気の高…

続きを読む

ときめきクリスマス ウィンブラッド ウィンターシーン

細かい線で 描かれた 56 x 132 センチの ウィンブラッドの代表作 春、夏、秋、冬 の四季シリーズ。 切り絵?と間違えられる方も少なくないのですが ていねいに 黒一色で表現された デンマークの冬のシーンは、、 スケートをするカップル デコレーションされた ツリー、、 雪だるまやそり遊びをする子供達 葉っぱを落とした 木々の表情も 繊細なラインで描かれて…

続きを読む

☆ウィンブラッド 174

きれいなブルーの額が手に入ったので ウィンブラッドの何かいいカードが無いかなと ファイルをゴソゴソ、、、 有りました!というか この絵のために オーダーしたかのように ぴったりの一枚が、、 1982年に制作された 真夏の夜の夢の一場面を画いたもの 彼にしては 大人っぽい 多彩な作品 シンプルで幅の広いブルーの額縁が 奥行きを効果的に演出してくれています。 …

続きを読む

ロイヤルコペンハーゲン

ほんのりと青みがかった 少し厚みのある生地 直径17センチ、5センチほどの 深さがあって ぬくもりを感じる 使える器! デザイナーは Grethe H. Hansen 片方はアルメニア工房時代の作品 もうひとつは 1970年の頃のもの ブルーを得意とする(ブルーしか使わない?)彼女ならではの おおらかな表情が 素晴らしい! 想像してください。…

続きを読む

☆ウィンブラッド 手描きの小さな宝物

手のひらサイズの オーバルプレートに さらさらと ためらいのない 流れるようなラインで 描かれた なんとも言えない 少女の表情、、 コペンハーゲンから電車で西へ1時間ほどの ロスキレという 古都の 小さなアンティーク店にて 出会いました。 アンティーク店によくあることなんですが 営業日や時間が不規則 何度か訪ねても いつも 曇ったウィンドウのガラス越しに 中をのぞ…

続きを読む

ウィンブラッド 壁掛けキャンドルスタンド

彼の愛した ブルーで描かれたレディと小鳥。 2000年 コペンハーゲンにて出会った  ウィンブラッド晩年の 穏やかな表情のアートピース、 向き合うように 一対で デザインされていて これはもう 別れ別れにはできないと 大切にも持ち帰りました。 小鳥だけ 彩色され キャンドルの赤と バランスのいい ポイントになっています。 大きなミラーや 家具の両サイドに あるい…

続きを読む

ウインブラッド シルエットの世界

切り絵?と お尋ねの方も多い彼の作品、 ていねいに描かれた モノトーンの世界は いろんなところに 細かい情景があふれて 多くの人の 心を掴んで離さないようです。 デンマークで手に入れた お気に入りも ひとつまた、ひとつお嫁に行き 白+黒のこの季節の絵も 最後の一枚となりました。 こちらも大好きな 黒の立体的な額に入れて 今日から 模様替えしたウイン…

続きを読む

ウインブラッド イヤープレート 1979-80

1979年の花を捨てて 新しい年を育てていこう、、 といったメッセージがこめられたような 窓辺の風景が 描かれたイヤープレート デンマークのごく普通の建物によく見られる 両開きのガラス扉 、 ほとんどの窓が 2枚ガラスになっているので 寒さも 音も防いで しかも カーテンが無くても 外から見えにくい効果もある 優れもの! 窓わくに 黒い?マークみたい…

続きを読む

ロイヤルコペンハーゲン アネモネ色のプレート

パープルとブルー系の おもしろい構図の カッティングボード 2種 美しい アネモネ色で描かれた Kari Christensenの世界が広がります。 こちらのブルーがかった 帽子をかぶったレディーは 1960年代、アルメニア工房時代のもの そして 花瓶+花がパープル系でまとめられた もう一つの作品は 1974年ころ ロイヤルコペンハーゲン社になってか…

続きを読む

☆フローラダニカ

ロイヤルコペンハーゲンの最高峰、 ていねいな手描きの ボタニカル柄が 美しいデミタスカップのご紹介、、、 カップの裏に書かれた 流れるような文字が読めず なんと書いてあるのか、、、??でしたが たまたま来日した デンマーク人の友人に頼んで、、、 まずこちらのピンクの小花が 英名Heather ヒース 良く知られている エリカ属のようです。 …

続きを読む

ウィンブラッド イヤープレート 1980~81

2つのマスクを手にした女性、 右手には 新しい1981年のマスクを 左手には すでに眼を閉じた 去りゆく年のマスクを持っています。 構図のおもしろさは 言うまでもなく 彼からのメッセージも 隠されているようで 白と黒が織り成す 興味深々のシリーズです。

続きを読む

☆ウィンブラッド 168

美しい横顔が 印象的な ウィンブラッドの代表作、 シンプルだけど きれいなグリーンの額を手に入れたので、、 優しい雰囲気をこわさないよう スモーキーグレーのマットをプラスして 33x27センチの 程よいサイズに仕立てました。 春ですから リビングのインテリアを ちょっと変えてみたくなりますね。

続きを読む

ウインブラッド イヤープレート1981~82

再ブレイク中のウインブラッド 今回のご紹介は 四角い壁掛けプレートとしておなじみの 1981年に発表されたイヤープレート 4人のBOYたちが並ぶユーモラスなデザイン  それぞれが新しい年を示す数字をかかげた壺を持ち、、、 過ぎ去った 1981年はもうさらばという ポジティブなメッセージでしょうか。。。 コレクションしていくと いろんなイメージが広…

続きを読む