ベネチアングラス 蒼い世界

鮮やかなブルーがアクセントになった ハンドメイドの心あふれる 小品2種、 ひとつひとつ 丁寧だけど 不ぞろいの アート感あふれる 20センチほどのボトルと花器。 こちらは小さな野草を差して 光の中にそっと置きたい、、 手巻きのブルーが クリアガラスに 描いた曲線が なんとも愛おしい ベネチアの古き良き時代の 味のある作品です。 …

続きを読む

ベネチアングラス

スモークガラスに 繊細な植物と カゲロウの図柄が手描きされた 小さな ヴィンテージ作品。 光をあてると その影にも 幻想的な世界が広がって、、 アンニュイな雰囲気の もう手に入らないアイテムの ひとつです。

続きを読む

キャンドルの灯り

9本立ての モダンなシルエットの ガラスのキャンドルスタンドは アメリカのResnickによる 1997年の作品。 樹々と小鳥の カッティングが シンプルだけど 奥行きのある空間を 作り出して、、 本来はユダヤ教の象徴である 7枝の模様があり ハヌカーに用いる 8枝 もしくは9枝のものは ハヌッキーヤーと言われているそうです。 9本のキャンドルのうち 1本だけ 少し高…

続きを読む

☆ハンドペイントグラス

オーストリアの伝統的な 手描きのガラスベース、 もう 作り手も少なくなっている 貴重なアイテムのひとつ、、 キングとクイーンでしょうか? 泡の入った 味のある厚手のガラスに ユーモラスなモチーフが 温かいタッチで描かれていて、、、 花器にしたり ペン立てにしたり 見る角度を変えて 飽きないで ずっと ながめていたい 風景です。

続きを読む

ザルツブルクから、、

今では もう出会うことも少なくなった 手描きのガラスのふたもの、 鮮やかな色調の 花々が クリアガラスに映えて、、 ザルツブルクの小さな工房の作品、 実は ガラスは陶器と比べても とても 写真撮影が難しいアイテム 写り込む光や反射で 思わぬ表情になったり、、 筆のエネルギーも感じる 迷いのない 花びらの連なりは ずっとながめていたい気もしますが さて 何を入…

続きを読む

蒼いガラスの、、

グリーンと蒼の ゼリーを閉じ込めたみたいな 涼やかなサカナのオブジェ、 裏の刻印から スウェーデンの作家アイテム。 なんとも言えないきれいな色が 夏のインテリアに 清涼感をプラスしてくれます。 ガラスは 一瞬にして形がきまるので あともどりはできない 時間と熱との戦い、、 世界にひとつだけの 蒼いサカナに命が宿った瞬間です。 …

続きを読む

ベネチアンガラス

乳白色の 美しい曲線が描く広がりは まるで トランペットフラワー花のようで 凛とした たたずまいと 妖しい美しさに 見入ってしまいます、、、 古き良き時代の ベネチアの職人の成せる技に感嘆! ガラスは一瞬で形が決まる 力と熱とセンスの戦い、 長い時空を越えて 遠い異国の地で 美しいまま 残っていることも 小さな奇跡かも、、、 …

続きを読む

ベネチアンガラス

柔らかなミントブルーのシェードは 典型的なベネチアの手吹きガラス、 陶器の滑車を回して 高さを変える 吊りランプの 予備ガラスとして キープしていましたが、、、 滑車そのものが割れてしまい 写真のコードと ジョイントは IKEAにて 手に入れた物。 偶然にもサイズがぴったりで 陽の目を見ることになりました。 優しいフリルを通して 幻想的な 光が広がって 色…

続きを読む

ベネチアンガラス ミルフィオリ

棒状のガラスを 花のように重ねて 薄くスライスしたピースを 並べて焼成、 職人の手仕事の極み、 美しい 手つきベースが完成! ブルーと白だけで 描く 千の花(ミルフィオリ)は 崩れ落ちそうな やわらかい曲線と さわやかなブルーが印象的な逸品、 白い花を添えてみましょうか、、、

続きを読む

ガラス絵ボトル

セントジョージが 疫病をもたらすドラゴンを退治するという 伝説を描いた ハンドペイントのボトル。 オーストリア、ザルツブルクの工房のもの 今では ほとんど制作する人も 皆無になった 手描きのガラス絵がすごい! 陶器よりガラスに描く方が 難しいと理解しているので ため息ものの 力作に大きな拍手を! ザルツブルクで見つけた たからもののひとつ、 あと数点入…

続きを読む

チェコカットグラス

綺麗なワインレッドの色着せガラスを 熟練の技で 丁寧かつ大胆にカット 見とれてしまう美しさ、、、 鹿と羽ばたく鳥の 伝統的な柄が 規則正しく 高い技術で彫り込まれた名作のひとつ いつのまにか 制作されなくなり ヴィンテージの仲間入りに、、 光にかざして その印影と 流れた年月を 漂わせてみましょうか、、

続きを読む

ヴェネチアン ランプ

まるで 編み笠だけみたいな 流線型の美しいフォルム ヴェネチア ムラーノガラスならではの技術と EFFERRAというメーカーが コラボしてできあがった ハンドメイドのテーブルランプ。 ミラノの展示会で ひとめぼれした作品です。 アイアンの直線と ガラスの曲線が作り出す モノトーンの モダンな空間 実用品としての存在だけでなく  宇宙のような…

続きを読む

氷みたいな、、、

オーストリアのザルツブルクで見つけた グラビールの逸品。 氷みたいな それ自体も味のあるガラスのかたまりに 木の年輪のようなあるいは波のような 動きのある 模様が彫り込まれています。 ザルツブルクの旧市街には いくつものアトリエや 小さな工房が点在していて いろんなアーテイストにも出会える 毎年訪ねたくなる 魅力的な場所でした。 どちらかといえば 切子のよ…

続きを読む

手描きのハンギングボール

これを見つけたのは ザルツブルグの旧市街にあった 小さなお花屋さん。 天井からアートフラワーのリースや オブジェが ところせましとぶら下がっていて、、、 お店の人はサウンドオブミュージックのごとく 民族衣装を着ていて 別世界に迷い込んだようでした。。。 首が痛くなるほど 長い間上を向いて 隅から隅まで そのお店のディスプレーを 眺めていたのを 思い出します。 …

続きを読む

ベネチアングラス

美しいラインが見事な ワイングラスは ベネチアの ムラノ島の工房から、、、 門外不出の 島で守られ続けた 伝統の技と美 究極の美しいグラスアートをどうぞ、、、 小さなグラスやプレートから お嫁に行ってしまいそうな予感です。 ウインドウに 登場していますので 光と影のおりなす ガラスの 微妙な表情も お楽しみください。 …

続きを読む

☆イタリアのガラスアート

イタリアのヴェローナで見つけた 小さいけれど 作り手の思いがこもった ハンドペイントの作品。 ☆懐かしい昔の形の電話 笑ってる顔にも見える 赤い花とまあるいフォルムがかわいい! ☆こちらはガマ口タイプのさいふ 裏表 両方に 繊細な花が描いてあります。 小さな花を 添えて 花器としても◎ ていねいに作られた キャンデー ☆…

続きを読む

☆四季グラス

ずいぶん前に スイスのベルンにて 手に入れた ドイツのとある工房作の 手吹きガラス ぽってりした 温かい作風がお気に入り。 泡まで 風景の一部に取り込んで 四季のストーリーを メルヘンチックに表現 優しい風が吹いているような 見る角度によって差し込む光によって また違う表情があり、、 花を一輪 挿しても 絵になるアイテム、 今回の ウ…

続きを読む

☆小さな薔薇のハンドペイントグラス

手作り感あふれる 優しいグラス オーストリアの小さな工房の作品、 残念ながら 今はもう製作されていないシリーズ。 斜めのラインをカットしてから グラビールの少し幅広い 横ラインを加え さらに かわいいバラの花を手描き 最後にゴールドのラインをひいて 焼成 小さくても 手間ひまかかった アイテム。 5~7センチほどの小さなグラ…

続きを読む

☆KOSTA BODA1994

1994年 SWEDEN南部地方にて 現地でレンタカーを借り 家具メーカーや オレフォース、コスタボダなどの ガラス工房を訪れた時のこと、 広大な大地に広がる 深緑の森の中に  ポツンポツンと点在する工房を探して なんとも頼りない ペラペラのマップ1枚を見ながらのドライブ 道路標識も少なくて小さく、、、 多分 土地が広く 樹々が大きくて そう感じた…

続きを読む

ホルムガード 花器

Holmegaard デンマークの人たちは ホルメゴーと言ったりもするのですが  1925年創立のデンマークの代表的 ガラスメーカー  造型と色の美しさで 定評があります。 底は丸で 口は角をを丸い曲線でかたどられた  柔らかいフォルムの コロンとした花器 クリーミーなミントグリーンが  添える花に 優しさをプラスして、、、  …

続きを読む

☆グラスアート from SWEDEN

片面がシルバーグレー 、 もう一面がミルキーホワイトに それぞれが違う表情のラインが描かれた モダンで 遊び心があふれる作品。 どんな色の花を添えても ピンと決まるところは すごい! どこから見ても 美人でクール ライムやブドウを盛るのも 絵になりそうですね。 今回のウインドウディスプレイに出ております!

続きを読む

☆コスタ ボダA

連日 暑い!を何度つぶやくことか、、、 時差と温度差の克服に 2時間早くスタートで ひとりサマータイムを実施中。 さてさて 北欧ならではの 美しいガラス作品 それは今回の旅の 思いがけない 出会いでした。 きれいな色+きれいなフォルム、 角度を変えて 光を変えて ずっと眺めていたい 手のひらサイズのボウル。 立体的なリーフのレリーフの…

続きを読む

☆ガラスの小鳥

やわらかい 半透明の小さな小鳥は てびねりで 少しずつ 表情も違っていて、 実は お箸置き! 毎年 この季節になると入荷して いつの間にか ロングセラーのひとつになっています。 デイスプレーのせいか ピンクとブルーを2個ずつという お買い上げが 大半です。 かるがもみたいに ずらっと並べても かわいい!!

続きを読む

☆こうのとりが運ぶものは?

デンマークの ガラス作家 CAMILAさんの ユーモラスで こころ温まる作品。 こうのとりがくわえている おくるみの中には。。。 もちろん ガラスで作った かわいい赤ちゃんが! ブルーとピンクで 男の子でも女の子でも どちらが産まれても大丈夫。 双子だったらこのままで、三つ子だったら うーん またCAMILAさんに お願いして作っていただきまし…

続きを読む

☆オレフォース

ヨーロッパの 各メーカーが こぞって ハンドペイントの すばらしい作品を産み出していたころの 数少ない 手描きのグラス。 北欧の草原に咲く 野草をイメージさせる 可憐なピンクと それを引き立てるグリーンが 優しい印象の 当時も人気の シリーズでした。 30年の時を経て またスウエーデンで出会い 神戸へ 連れて帰ってきたみたいな、、、 懐かしい友人…

続きを読む

☆サンド ブラスト

すりガラスのような 表面に仕上げた 四角いプレートは1月22日にご紹介した、 天使のオブジェと同じく Camilaさんのデザインです。 彼女がガラスに描くテーマは天使、お花そしてエンジェル。 すべて柔らかい曲線で ふんわりと。 透明に見えるところが 彼女がプレートの裏側に描いたライン、 それとプレートの表とをカバーして それ以外の面に 超微粒…

続きを読む

☆ガラスの小鳥 from DENMARK

デンマークから とっても美しいガラスの小鳥が飛んできました! 光を透かしてみると どの色も ため息ものの ホントにデリケートな色の重なり… 久々に北欧ならではの色彩に囲まれて ディスプレイしながら 見惚れています。 8月にMESSEで お会いした Poulsenご夫婦の作品で 注文から2ヶ月 ひとつひとつ ていねいに 心をこめて 作られ…

続きを読む

HEN! オンドリ~

Camilaさんデザインのガラスのオブジェ、 彼女の人柄そのままを作品にしました!みたいな、おおらかで あったか~いシリーズ。 アイアンの台と スティックが外れる仕組みなので スティックを 少しカットして 高さに変化をつけることも可能です。 今回の ご紹介は Hen オンドリたち! は~い 整列! …

続きを読む

Copenhagen日記 その19

ユトランド半島のほぼ中央にあるHERNINGでの見本市へ。 コペンハーゲンから3時間半 なぜこんな遠いところで?というと ちょうどまんなかで みんなが集まりやすいからというごもっともな答え。 このMesseへ来るのは4-5回目、こじんまりと会場もきれいで見やすく  休憩のソファやフリーのお水も適所に配置され CAFEも充実、  疲れない工夫がされた大好きなフェアです…

続きを読む

☆ザルツブルグのグラビールガラス

オーストリアのザルツブルグは 映画《サウンド オブ ミュージック》の撮影で 一躍脚光を浴びた街です。 その街からやってきた、やさしい表情をしたグラスたち・・・ ザルツブルグの旧市街には モーツァルトの家がミュージアムとして残されていたり 今でも 街の女性はたっぷりギャザーの民族衣装を着て生活していたり… とてもメルヘンなたたずまいの街です。 この…

続きを読む