コペンハーゲンにて その5

その Malmeの街で 出会った とってもオモシロい車! 荷物をたくさん積んで 引越し? と思ったら なんと これ トラックの車体に描かれた だまし絵でした。 しかも 両サイドに、 そして 驚くことに郵便局の配達車でした! そして後から やってきた 小さい車にも 違うバージョンで 満載の荷物が 描いてありました!!!

続きを読む

コペンハーゲンにて その4

コペンハーゲンの対岸の SWEDENの美しい港まち MALME。 かつて 橋がなかった時は フェリーで通ったものですが 今では バスでも 電車でも 30分ほどととても便利に。 ずっと工事中だった中央駅もすっかり近代的に、 コペンハーゲンからの電車は 地下ホームに到着します。 花と彫刻が あちこちに配され コペンハーゲンに比べると  観光客も 少なめで のん…

続きを読む

コペンハーゲンにて その2

北欧はいまが1番良い季節で 日も長く 夜は10時ころまで明るく 1日が たっぷり有効に過ごせます。 そして街の あちこちにたくさんの 小象が。。。 各象には デザイナーがいて それぞれスポンサーもいて 色も それこそデザインも ひとつひとつ違っているのも おもしろく 観光客も思い思いに カメラに収めたり。。。 その深いところの 意味合いと …

続きを読む

コペンハーゲンにて その1

酷暑の日本を 飛び出して 1年ぶりにデンマークへ! 前世はデンマーク人だったのかも?  というくらい 大好きなこの国に ただいま~ 新しい 地下鉄の工事で あいかわらず 街のあちこちを 掘り返していて ただでさえ 歩きにくい石畳が さらにでこぼこで なのに 工事を急ピッチで進めている風でもなく  1年前と ちっとも できあがっていないようにも 見えるのです…

続きを読む

OUT OF AFRICA

「OUT OF AFRICA」という映画を ご存知でしょうか? 1985年に発表されたケニアを舞台にした作品で、著者はKaren Blixenの書いた 自伝的小説を 映画化したもの。 ヒロインを演じたのは メリル ストリープ、北欧訛りの英語が印象的で たしかいくつものオスカー賞を獲得したと 記憶しています。 当時 アフリカへの懐かしさで この映画でスクリーンに拡…

続きを読む

Copenhagen日記 その21

ひとつの窓からの風景をこんなに楽しんだことがあったかなーーと思うほど こからの眺めはほんとに見飽きることがありませんでした。 朝日の中で 湖面に映るさまを見ながらの朝食、 ジョギングする人 犬と散歩する人を眺めたり、、 また夕焼けがいちばん美しいんですね。 対岸の景色がとても近くに感じる日があったり  日ごとに違う雲 違う光 そ…

続きを読む

Copenhagen日記 その20

キッチンの棚の奥で TEFALのラクレットコンロ発見! で 今夜は急遽ラクレットパーテイーとなりました。 上の鉄板でもグリルできる2段がまえ、 電気なのでチーズが焼けるのが早くて食べるのが忙しいこと! 父宅のアルコール式コンロとは ずいぶんイメージが違いましたが  思わぬ出会いでした。 デンマークの季節の移り変わりは 日本より1-2ヶ月早く、8…

続きを読む

Copenhagen日記 その19

ユトランド半島のほぼ中央にあるHERNINGでの見本市へ。 コペンハーゲンから3時間半 なぜこんな遠いところで?というと ちょうどまんなかで みんなが集まりやすいからというごもっともな答え。 このMesseへ来るのは4-5回目、こじんまりと会場もきれいで見やすく  休憩のソファやフリーのお水も適所に配置され CAFEも充実、  疲れない工夫がされた大好きなフェアです…

続きを読む

Copenhagen日記 その18

動物園をはさんで 南北にひろがるフレデリクス公園は 街中とは思えないほど緑豊かで 市民に愛されています。 白鳥やおしどりがパンをねだってやってくる池や 小さな滝もあり ボートをこぐ人 ジョギングする人 犬のお散歩 ちびっこたちの遠足 そして 過ぎ行く夏を惜しむように ただただ日光浴する人たち。。。 みんな思い思いに短い夏を楽しむ土地っ子でいっぱい…

続きを読む

Copenhagen日記 その17

念願だったウインブラッドのポスター美術館へ。 彼の古き友人でもあり ご本人も画家であるピーター氏に委託された初版のオリジナルポスターは 丁寧に分類され保管されていて、感動ものでした。 あらゆるジャンルで 精力的に仕事をし作品を残したウインブラッドですが、 ポスター製作をいちばん楽しんでいたそうです。 彼の没後 アトリエでもあったあの通称"…

続きを読む

Copenhagen日記 その16

またまた お気に入りCAFE ANTOINETTEへ。 今度はブランチを注文してみました。 見て==! 思わず ワォ~ですね。すごい盛り付け! スモークハム、サーモン、チーズ、オリーブ、ミニキッシュ そして蜂蜜入りヨーグルト+フルーツいろいろ と、きわめてスタンダードなのですが 演出がすごい! お皿の上で アートしていますね。。。 コペンハーゲンも…

続きを読む

Copenhagen日記 その15

先週末の3日間 DRAGOR NARKEDが開かれていて、 何年も前からLISA女史にお誘いを受けていたので 出かけてみました。 空港島のさらに南 広い牧草地に突然 観覧車が。 ちゃんとした入り口もあるようですが、土地っ子に習って グリーンの原っぱを横切ります。 とにかく広ーーい! おもちゃ屋さん、アイスクリームやクレープ屋さん サーカス、花屋さん、 …

続きを読む

Copenhagen日記 その14

コペンハーゲンの町は 今あちこち工事中。 メトロの新しいラインを造るということで またしても町中掘り返しています。 というのも 数年前になが~い工事期間を経てやっと空港線がつながったばかり、 日本とは違って 計画も工事もゆっくりのこの国では 騒音と交通マヒの慢性化にみんなうんざり。 目の前の広場が長い間 工事現場となって、レストランやホテルとももめている…

続きを読む

Copenhagen日記 その13

コペンハーゲンの北へ20分のところにある HELLERUPの街は 落ち着いた大人っぽいたたずまいで しゃれたレストランやショップが並ぶ ウォーターフロントの街です。 デンマークでは 夏はどこかでかならず市がたち野菜や花、 アーティストの作品、アンティークからプライベートマーケットまで  なにかしら開催されているので それをはしごして回るのも楽しいのです。 …

続きを読む

Copenhagen日記 その12

アパートメントのことをもう少し、こちらでお家を借りると こういう覚書がおいてあります。 交通機関のこと、ガレージのこと、インターネットの接続方法とか 窓の閉め方とか 細かいこと色々、地図や時刻表を置いてくれていたり、 近くのテイクアウトの店のメニューだとか、、、 上の写真のカードは先日書いた洗濯用。 下の金属のフックは ごみ捨てに使います。 …

続きを読む

Copenhagen日記 その11

今日は朝から雨、からからに乾燥した気候なので  雨はお肌にも のどにもひさしぶりに心地いい潤いです。 こんな日は 溜まってる雑用をかたづけることに。。 まず お洗濯!  このアパートメントには1階にアパート住人専用の洗濯ルームがあり 鍵を使って中に入ると 広い清潔な空間に ドラム式洗濯機が4台 乾燥機が2台。 プリペイドカードのようなカードで操作しますが  …

続きを読む

☆Copenhagen日記 その10

本屋さんで WIINBLADの挿絵が美しい本を見つけました。 ”KLODS HANS”というタイトルで 日本では<まぬけな<ハンス>とか  <のろまなハンス>とか 訳されているようです。 どの絵も とてもかわいい! あらすじは 3人兄弟がいて 上の二人は頭がよく 末っ子のハンスはできが悪かったので みんなにばかにされて  まぬけなハンスと呼ばれていたそうです…

続きを読む

Copenhagen日記 その9

すっかり良くなった今だから笑い話で話せるのですが  コペンハーゲンに到着して3日めの夜、 額に入れて持って帰りたいくらい すばらしい眺めのウインドウ、 この重くて大きなガラス戸に(しかも2枚ガラス!)指をはさんでしまいました。 痛いし 血は出るし 止血したらクラクラするし。。。 どうしたものかと とりあえず横になって いつもコペンに来るとき、アパートメントをお…

続きを読む

Copenhagen日記 その8

デンマークの夏は最高! 20~25度でからっとして 木陰に入ると涼しくて。。。 夜9時頃まで明るいので1日がなが~い。 物価が高いので レストランのランチが80-150クローネ マクドナルドでも セットメニューで50-65クローネとなれば こんな ホットドッグスタンドが 観光客にも人気。 パン+ソーセージのシンプルなものから マッシュポテ…

続きを読む

Copenhagen日記 その7

今日はS-Trainにて小1時間の港町 KOGEへ。 こじんまりとした古くてかわいい町は 駅から街の中心へも近く 徒歩で十分散策を楽しめるところです。 インフォメーションで街の地図をもらって ウインドウショッピングへ。 おしゃれでかわいいCAFE+雑貨屋さんを見つけてひとやすみ。 チーズプレートには 今まで見たことの無いグリーンや石畳のようなモザイクのチーズ…

続きを読む

Copenhagen日記 その6

S-Trainとバスを乗り継いで コペンハーゲンから南西に位置する のどかなGREVE村へ。 人も少なく 出会う人ごとに尋ね、尋ねて ようやく小さなGREVE MUSEUMへ到着。 ピンクのばらが咲き乱れるエントランスを抜けて、 みごとなかやぶきの建物がぐるりを囲む中庭から入ります。 デンマークの民家のたたずまいを当時のままに再現したり、 1800…

続きを読む

Copenhagen日記 その5

コペンハーゲンにて クネクネネックレス発見! 色はシルバーのみ さらに大きいパーツの太いタイプもありました。 プライスは 299デンマーククローネ(約5000円くらい)と フタバ(2800円)より かなりお高め。。。。 ちなみに右側のボディーが着ているシルクのふわふわカーデガンのグリーン 買いました!

続きを読む

Copenhagen日記 その4

お天気のいい日曜日 バスにて市内南方のAMAGERへ。 ここはKASTRAP空港もある島で 古くから漁業と肥沃な土地を生かした農業で栄えたところです。 かやぶきの屋根や 黄色に統一された外壁のこじんまりしたおうちが連なり どの小道もおとぎばなしの入り口のようで 昔,こんなオルゴール持っていたな~ たちあおいやバラが満開で この家はS…

続きを読む

Copenhagen日記 その2

コペンハーゲンに来ると 必ず2~3回は訪れるお気に入りのカフェがあります。 メインストリートから ちょっと入った 中庭のような静かな場所にある konditori Antoinette というお店。 前回(2008年秋)に来たときには 閉鎖されていて もう辞められたのかと とても残念に思っていたのですが。。。 良かった~ 内装を一新して営業されていました。 …

続きを読む

Copenhagen日記 その1

灼熱の日本を飛び出して 大好きなデンマークへ! 苦手なエアコンも必要なく 今回もすてきなレンタルハウスに滞在中。 まず 近くのスーパーにて食料品の買出し そして 英語の説明書片手に パソコンの接続と電子レンジや食器洗い機と格闘しつつ 窓からの 絵のような風景をながめたり 使いやすいように 部屋のレイアウトを変えたり。。。 そんなことから …

続きを読む

晩秋の近江路へ

誘われて近江八幡へ出かけました。 白壁と黒瓦さらに紅葉が 堀にその姿を移して しっとりとしたたたずまいの町。 お昼はたねや日牟礼の舎で 近江牛や赤こんにゃくなど 地元の秋の味満載のお弁当、 デザートには もちろん和菓子も添えられて。 午後は今回のメイン 水郷めぐり。 背丈ほどに伸びたヨシの間をぬって 小さな手こぎの舟で巡ります。 …

続きを読む

夏の京都へ

暑いなか いざ京都へ、いちばんのお目当ては この暑さでないと味わえない[弥次喜多]のかき氷。 濃い抹茶がたっぷりかかった宇治しぐれは大人の味で コーヒーでいうなら エスプレッソのような深い味わい。 冷房のない店内では 器からこぼれおちそうに盛られた氷にあちこちで感嘆の声が… 粒あん、こしあん、白玉やクリームをプラスしたり ミルクをかけたりお好みで…

続きを読む

Bornholm(ボーホルム)島 続き

紺碧のバルト海に浮かぶ ボーホルム島へはコペンハーゲンから 電車でいったんスェーデンのYstadへ、船に乗り換えて約5時間の旅でした。 島には多くのアーティストがアトリエを構え 夏の間は大勢の観光客で賑わいます。 [グラス:ロジリ]というガラス作家のアトリエ訪問が目的でしたが 深い藍色のバルト海や 澄んだブルーの空… 豊…

続きを読む

奈良散策と盆藤展

やっぱり伝説はほんとうでした!この3人で出かけると 雨なんです… でも 日焼けの心配要らないとか マイナスイオンたっぷりとか いい方に考えて 新緑の奈良へ。 三宮から阪神なんば線で 乗り換え無しに奈良まで直行できるようになり 速くてとても便利になりました。 FUTABAにも奈良からのお客様が増えています。 奈良公園の南、飛火野の丘の野性の藤は 人の手が…

続きを読む

出前一丁 IN 香港

アジアの国々では 日本の<味の素>やインスタント麺が大人気。 香港では特に NISSINの出前一丁に人気が集中していて 普通のローカルな麺屋さんでも 一般の麺とならんで 出前一丁を使ったものがメニューに! スーパーで見つけたのは 20種にもおよぶ いろんな味の出前一丁。 ズラリとならんでいました。 五香牛肉麺、極辛豚骨麺、チキン味、海鮮味、カ…

続きを読む