☆ハンギングベース

ベトナムはハノイのインテリアショップで 見つけた シルク+ガラスの 壁掛けオブジェ、 フランス人がデザインをして 器用なベトナム人が制作をするという アイデアとセンスの光る 素敵なお店でした。 インセンスや お花を少しずつ入れて お好きなアレンジを プラスしてみてください。

続きを読む

☆新作刺繍バッグ入荷!

お出かけシーズンに、ベトナム刺繍バッグ 新作が届きました! ヌバック調のフェイクレザーで たっぷり入るショルダータイプ。 同じくヌバック調+大人の女性に好評のウッドハンドル。 いちばん人気の 花モチーフは ふっくらした丸いフォルムで、 前回あっという間に完売したデザイン。 今回の新作は 和装にも…

続きを読む

お箸のはなし

何年か前に ベトナムでみつけた お箸のセット。 黒と生成りのヘンプ地で作られたケースに 少しずつ デザインもサイズも 様々な6本のきれいなお箸が並びます。 素材は水牛、黒檀、蝶貝など。 私のお気に入りは 白い水牛に貝の細工入り。 くるくると巻いて 小さくまとめれば 収納にも携帯にも コンパクトで 持ちやすい形に。 ホーチミ…

続きを読む

☆刺繍バッグ入荷しました!

またまたきれいな色のバッグが勢ぞろい。 人気の刺繍バッグの新作がベトナムより到着しました。 このブルーのグラデーションも素敵でしょう? 定番のウイステリアなのですが メタルのハンドルでモダンな印象に。 こちらは優しい色のシルク地に 同系の刺繍で柔らかい色合いでまとめた新作。 スエードタッチのフェイクレザーの大きめショルダー、軽くて使い…

続きを読む

ブックスタンド

Vietnamで見つけた木製のブックスタンドは、 折りたため コンパクトになる仕組みです。 葡萄ときつねのモチーフが 立体的に手彫りされています。 もともとは 写経や読書のためのものですが ディスプレイに役立ちそう…という思いでした。 プレートや小さい額、レシピスタンドにも使えそうですね。 Vietnamの手仕…

続きを読む

☆プチポアンのギフトボックス

ひと針ひと針ていねいにシルクのキャンバス地に刺繍を重ねたプチポアンです。 なんと、1センチ角の中に50~300目も刺していくそうです。 プチポアンの起源はフランスですが ベトナムでも フランス統治時代に その技術が伝えられました。 これらの作品は ベトナムの工房で作られたもの。 今やめっきり手芸をする女性が激減したフランスやオ…

続きを読む

お箸の国から

ベトナムでみつけたスタイリッシュなお箸は 水牛(Buffalo)と蝶貝を使ったものです。 *白は 特に評判がよく、いつも一番先に完売します。   今回は白に黒蝶貝のコントラストが美しいお箸をセレクト。 *紫檀(Palisander)にはめこまれた白い水牛の曲線が すっきりしたデザインのもの。 *黒檀(Ebony)にシルバーのワンポイ…

続きを読む

ベトナム お金の話

べトナムではUS$とベトナムD(ドン)が併用して流通しています。 1US$=16000D、¥1=147D、とにかくゼロが多く 支払いの度に 円とドルとベトナムドンで計算しなければならず、 そのつど混乱してしまいます。 メニューはドル表示で 請求書はドンで、なんてこともしばしば。 いつも帰国の頃にやっと慣れてきます。 紙幣にはすべて ホーチミン氏の肖像が、、、 …

続きを読む

ドラゴンフルーツ

部屋にサービスされたトロピカルフルーツ。 鮮やかな赤で とがった角のような形が龍を連想させたのでしょうか? 半分に切ってみると 中はこんな風になっています。 白い果肉に黒い種子がいーっぱい。 赤と白と黒のコントラストが美しい! 自然ってすごいですね。 小さくカットすると なんだか 胡麻入りの和菓子のようです。 味は…

続きを読む

ORIENTICA ホーチミン

今回 ホーチミンで宿泊したEQUATRIAL HOTEL にあるシーフードレストラン。 水槽の魚を指定して調理してもらうことも可能ですが ディナーにはいくつかコースもあり、 日本風、チャイナ風、イタリアン風にまとめられ 少しずつ いろんな創作料理が楽しめます。 *季節のオードブル4種 *ポットの熱いコンソメスープを ボールの中の海老のダンプリングに注い…

続きを読む

ベトナムへ行っていました

寒い日本を離れ、温度差30度のホーチミンへ。 亜熱帯特有のまとわり付くような熱気と 混沌としたバイクの群れは 相変わらずでしたが 空港ターミナルが新しくなっていたり、 バイクに乗る人たちが ヘルメット着用していたり… 今 この国のパワーはすごくて 訪れる度に目まぐるしく変わり続けています。 2002年に初めてホーチミンを訪れた時には まだ渡航ビ…

続きを読む