ニルスのふしぎな旅

1970年代に生産された スウェーデンのロールストランド社の イヤープレートは ブルーで描かれた ニルスのふしぎな旅がテーマ。 スクエアのフォルムが モダンな印象で 毎年違う絵柄は 周りのブレードまで 模様が変えてあったり、、 壁掛けタイプなので 何枚か 並べるのも 素敵な演出! どこかに 必ず居る ニルスを探すのも 楽しくて、、…

続きを読む

☆スエディッシュブルー

グスタブ窯で制作されていた スウェーデンならではの 美しい藍色に シルバーのすずらんをはめ込んだ とても珍しい作品、 高い技術が求められる この技法は 現在はすでに制作されておらず 貴重なビンテージのひとつとなりました。 かなり厚みのある 陶板は その重量もかなりで 圧倒的な存在感を漂わせています。 壁に掛けられる仕様にもなっていて 凛とした 大人の空間が …

続きを読む

My Garden

スウェーデン、ロールストランド社のヴィンテージアイテム。 手描きのおおらかな野菜が 心に優しく  裏はきれいな黄色で 元気の出る器のようです。 MyGardenと名付けられたシリーズで コンデションもよく 四角い形をふたつ くっつけたデザイン 片方にはニンジン、もう一つにはたぶんカリフラワー? OVEN WEARと明記はされていま…

続きを読む

☆春の小さなプレート

15センチほどの かわいいプレート 野の花を 優しいタッチで ハンドペイントした スウェーデンらしい色合いの アイテム。 裏には ロールストランドの古いサインが 写真のピンぼけではなく かなり年代ものなので 悪しからず、、、、 少し厚みのある ぽってりした生地が さらに やわらかさをプラスして 素朴な 北欧の春をお届…

続きを読む

スウエーデンの鳥

趣のある 黒い鳥の置物は 前回の北欧の旅で 出会った MY FAVORITE! 黒字にアイボリーのレリーフが 味わい深く なんともいえない 雰囲気をかもし出していて ひとめぼれでした。 スウエーデンの陶芸家 B.Vallienの作品。 筒型の丸い花器のほうは 同じ作家かと思うほど 作風も似ているのですが こちらは Olle Aib…

続きを読む

☆GEFLEのふたもの

先日 ご紹介した ブルーのティーカップと同じく SWEDENのGefle社の作品。 こちらはかなり古い ヴィンテージ。 10センチほどの陶器に ウッドのふたが付いた筒状のボックス。 当時の 豊かな感性を彷彿とさせる おおらかでやさしい 図柄と色使いが 見る人の心を つかむようで お問い合わせも多い アイテムのひとつ。 …

続きを読む

スウェーデンのブルー

北欧の食器はなんといっても ブルーがきれい! 国によってメーカーによって その青もさまざまで、、、 これはスウェーデンのGefleと窯の作品 ”Bla Ulla”とネーミングされた 藍色だけで さまざまな花が 描かれたティーカップ そして受け皿は 藍1色であえてシンプルに。 紅茶の色とのコントラストも ばっちりで、 たっぷり飲め…

続きを読む

☆JIEという名の、、、

しっとり感のある きめの細かい黒い陶土が特徴 スウェーデンはjieのアイテム 9月の表紙も 同じ工房のレディ型花器でした。 今回の 入荷は人気の壁掛けタイプの陶板、 手造り感にあふれ さりげない温かみがあって いつも すぐに お嫁に行ってしまうシリーズ。 麦のモチーフの陶板は 他の2点より ちょっと大きめ、 素朴な味…

続きを読む

☆KOSTA BODA1994

1994年 SWEDEN南部地方にて 現地でレンタカーを借り 家具メーカーや オレフォース、コスタボダなどの ガラス工房を訪れた時のこと、 広大な大地に広がる 深緑の森の中に  ポツンポツンと点在する工房を探して なんとも頼りない ペラペラのマップ1枚を見ながらのドライブ 道路標識も少なくて小さく、、、 多分 土地が広く 樹々が大きくて そう感じた…

続きを読む

秋のウインドウディスプレー

北欧の風と 初秋のかおりを織り交ぜて FUTABAのウィンドウが 秋色に、、、 届いたばかりの ロイヤルコペンハーゲンのヴィンテージには  あちこちに 秋のブーケを添えて、 その圧倒的存在感で お問い合わせもいろいろいただいています。 ウインブラッドの絵も 額に納まり それぞれのベストポジションへ 味のある鳥の置物は スウェーデンの陶芸家の作品 …

続きを読む

☆グラスアート from SWEDEN

片面がシルバーグレー 、 もう一面がミルキーホワイトに それぞれが違う表情のラインが描かれた モダンで 遊び心があふれる作品。 どんな色の花を添えても ピンと決まるところは すごい! どこから見ても 美人でクール ライムやブドウを盛るのも 絵になりそうですね。 今回のウインドウディスプレイに出ております!

続きを読む

☆コスタ ボダA

連日 暑い!を何度つぶやくことか、、、 時差と温度差の克服に 2時間早くスタートで ひとりサマータイムを実施中。 さてさて 北欧ならではの 美しいガラス作品 それは今回の旅の 思いがけない 出会いでした。 きれいな色+きれいなフォルム、 角度を変えて 光を変えて ずっと眺めていたい 手のひらサイズのボウル。 立体的なリーフのレリーフの…

続きを読む

☆リンドべリ  手つき リーフプレート

ナチュラルな自然をモチーフにした ご存知 リンドべリ デザインの小さめプレート。 持ち手が 木の枝風になっているのが 珍しい、、、 スウエーデンのMALMOの街にて 出会いました。 1960年代の 大らかでゆったりした 時の流れを 感じさせます。 マカロンやクッキーを盛ったり アクセサリーやショップカード入れにも ちょうどいい 深さもある 手のひらサイズ…

続きを読む

手が冷たい時に、、

スウエーデンで見つけた ブルーとベージュの お気に入りのカーディガン。 そして 思わず買ってしまった おそろいの ハンドウオーマー。 カーディガンも 私物のなかで ベスト3に入るくらい いいお値段だったのですが なんともいえない 色の組み合わせに こころひかれて。。 さらに細かい模様の ハンドウオーマーは こんなに小さいのに 1枚普通の…

続きを読む

コボルト 

人気のグスタフのコボルトが再入荷。 深い瑠璃色と白のコントラストと 持ちやすい おおぶりなフォルムが男性にも好まれていて。。 手描きの横ラインの味わいが 何とも言えない 優しい表情を出していて たっぷりカフェオーレや チャイを楽しみたいときにもお勧めのカップ。 コボルトのネーミングは 文字通り この深い藍色を出すのに使われる鉱石がコバルトだから、、、 …

続きを読む

☆グスタフスベルグ クローバーのティーカップ&ソーサー

何年か前に ストックホルムにて始めて出会って その 繊細な手描きの柄に ひとめぼれしたものの 何の 資料も見つからず ご紹介していなかった 大好きなティーカップ。 かなり古い時代の製陶で 生地もやわらかく とても薄いもの その絵付けは デリケートなため息モノの筆使いの逸品。 そして 見つけましたか? 思わぬところに 4つ葉のクローバーが 隠れています! …

続きを読む

☆ロールストランド 対岸の瑠璃色 Bla Eld

コペンハーゲンは海に面した港町 海峡をはさんで 向こう側はもうスウェーデン 今では橋がかかり 電車で30分に。 ロイヤルコペンハーゲンの 瑠璃色も大好きですが こちらも ため息ものの きれいな コバルトブルー。 これまたロングセラーとなった <コカ ブルー>シリーズを デザインしたことでも知られる Hertha Bengston(1917-1993)の代表作。 な…

続きを読む

カリン ビョリキストの世界

白地にブルーだけという シンプルなのに モダンで 味わいのある 彼女の作品は 以前 2008/4/16 (すでに完売)の記事でも  ご紹介してますが 大好きな デザイナーのひとり。。。 Karin Bjorquist は 1927年 スウェーデン生まれ。 1950年までストックホルム 国際美術大学に学び その後 グスタブ社に入社 1980年には 同社のアートディレ…

続きを読む

☆スカンジナビアンカラーのラグ

ブルーとグリーン、パープルに黒をバランス良く 組み込んだ いかにも北欧らしい コットンラグ。 ずいぶん前に ストックホルムのインテリアショップにて購入 裏表で 配色が 逆になっていて どちらも使えるタイプ。 90センチ幅の小さめなんで キッチンやベッドサイドにも 使いやすいサイズです。 コットン100%で これからの季節は 素足に…

続きを読む

☆スウェディシュブルー

だいぶ前に 入荷していたけれど 夏がくるまで 眠らせておいた ドキドキの ティーカップ!! ロールストランド社の AZUR(アズーロ)と ネーミングされた  きれいなブルーの ハンドペイントの逸品。 ためいきのでそうな 美しいブルーは まさしくthe 北欧。 メーカーとか 年代とかは 問題外に 出会った瞬間に ドキドキときめく 数少ない たいせつなもの。。…

続きを読む

ウインドウ ディスプレイ for GW

ようやく 温かくなってきましたね。 長い 寒い冬でした、、、 今週末に フェアリーを迎えるにあたって ひとあし早く ウインドウを チェンジ! 若月さん作品展のお知らせDMを 送付したお客様のなかには さっそく  <どこ?> あの 日付書いてたんですけど、、、 14日からですが、、、 読まないで 飛んでこられたフライングの方 数名!! この正面ウインドウ…

続きを読む

スウエーデンの陶芸家 JANI

元気の出そうなストロベリーカラーの プレートは 何度か登場したこともある スウェーデンのJANI の手描き作品。 フリーハンドで 大胆にひかれたラインが おおらかな 国土と このご夫婦の 息の合った 作風がしのばれる作品。 先日のデンマーク病とは 似ていますが スウェーデン病という1派もあり こちらの代表的な症状は リンドべリ熱と リサ ラーソ…

続きを読む

☆ロールストランド ブループレート

英文字と 大胆なモチーフがたのしい おおらかなデザインのプレートは スウェーデンのロールストランドのヴィンテージ。   アンダ―プレートに あるいは このまま飾っても インパクトのある  コーナー展開に。。。 裏のマークからも 読み取れるように 文字はプリントで グレーズ(釉薬)をかける前に ブルーの部分は ハンドペイントされているようす。。。   …

続きを読む

リンドベリのカップソーサー BORO

白地に ライトブルーの線描きが やさしい表情を作り出している 人気の コーヒーカップ! 最近の 北欧ヴィンテージブームの 火付け役のひとりでもある STIG LINDBERGの 代表作のひとつ。 ほのぼのとした ラインだけの シンプルな デザインは 普段使いにぴったり あまりにも 有名になった 彼のデザインは そのコピーのコピーが…

続きを読む

☆ロールストランド 幻のピクニック!!

幻のカップ? とやらで どの指南書にも その写真が 載っていない ピクニックのコーヒーカップ 見つけました! マリアンヌ ウエストマンデザインの ピクニックは  カラフルな 野菜が 楽しくならんで 見る人 使う人を 元気にしてくれる 人気のシリーズ。 少しずつですが いろんなアイテム 入荷しました!! …

続きを読む

☆ロールストランド TUVA

1965-69年に製造されたモデル <TUVA>という名の あまり出回っていないコーヒーカップ。 デザイナーは Carl Harry Stalhane (1920-1990)で 彼は19才でロールストランドに」入社し 異例の 若さで アートディレクターに就任して 数々の作品を 発表した実力派。 SWEDENらしい ブルーとイエローのコントラストが きれいで …

続きを読む

☆ロールストランド  PI

ブルーの 濃淡で描かれた 丸い連なりの 幻想的な模様。 Inger Perssonnのデザインの人気アイテム。 久々に 再入荷しました! Inger Perssonha(1936- ) は ストックホルムの美術学校を卒業後 ロールストランド社に入社、Stig Lindbergらから デザインを学び 後年には ロ社を代表する デザイナーとなった人です。 …

続きを読む

リンドベリの世界

ご存知 STIG LINDRERG の作品。 アダムとイブ」をイメージさせる 独特の デザインは ”EROS”とネーミングされました。 さかなや鳥 気球が生命力あふれる植物と共に プレートいっぱいに描かれています。 裏側はこんな感じ、、、、 この時代の アーチストは 果敢に 精力的に 質も量も ものすごい仕事をこなし 現代にも通じる…

続きを読む

ジョセフィン!

ご存じ リサ ラーソン デザイン。 グスタフスベリの ジョセフィンが久々に入荷。 今回のウインドウにて 展示中! スウェーデンならではの グレーッシュブルーと おおらかな 丸いフォルムが人気の理由。 少し厚めの 生地は 口あたりも優しく コーヒーが さめにくいデザイン。 これからの 寒い季節にはぴったりかも。。。。 …

続きを読む

☆JANIのハート

何度か 登場したこともある SWEDENの陶芸家JANIのハートフルな作品。 ご夫妻の合作です。 ぽってり厚みのある手びねりの陶器のやわらかい感触 スウェーデンの自然を 凝縮したような 淡いブルー系の絵付け。。。 たまらなく いとおしい作品に 作者の人がらも偲ばれます。 ヨーロッパの たくさんの作家や 製陶メーカーの名品が 80年代を境に どんどん減少した …

続きを読む